1. HOME
  2. ブログ
  3. 人生の選択肢

人生の選択肢

人生の選択肢

はい。
どうも。
小林です。

今日のテーマは「人生の選択肢」についてお話ししていきます。

【ユダヤ人は成功者が多い】

皆さんはタルムードの小話はご存知ですか?
タルムードとは、聖書のお話です。
これで学びを得ているのは、ユダヤ人です。
ユダヤ人に成功者が多いのは、生きる知恵を持っているからだと言われています。

ユダヤ人は世界の人口の約0.25%と物凄く少ないのですが、ノーベル賞受賞者の20%、フォーブスの長者番付でも常に上位にいるのが、ユダヤ人です。

それほど、ユダヤ人は頭脳が優秀・大金持ち・成功者が多いと言われています。

このユダヤ人が、タルムードの中で学ぶお話を、今回はご紹介していきたいと思います。

今回のお話は「きつねと葡萄畑」のお話です。

【狐(キツネ)と葡萄畑(ぶどうばたけ)】

このお話では、最後にAとBの2つの選択肢が出てきます、皆さんはどちらを選ぶのか、考えながら記事を読み進めてください。
人生の成功を手に入れたい方は、ぜひ最後の選択で、決して愚かなキツネにならないでください!

それでは、いきましょう!

ある日きつねが葡萄畑のそばを通りかかりました。

あまりにも美味しそうな葡萄が垂れ下がっていたので

畑に入って葡萄を取ろうとしました

ところが葡萄畑はしっかりと柵に囲まれていて
太った狐はその柵を通り抜けることができませんでした

そこで狐はこう考えました

「野ウサギを捕まえるのをやめて、何日間か空腹を我慢すれば、痩せて柵の隙間を通れるかもしれない」

その日から狐は餌を取る狩をやめて、何日も自分の巣にこもりました。

辛い空腹をじっと我慢して、耐えて、ようやく柵の隙間を通れるようになるくらい、痩せることができました。

そして、ついに葡萄畑の柵の隙間を通り抜けて、お目当ての葡萄にたどり着きました。

口にした葡萄のなんと、美味なことか!
ついつい、狐は夢中になってしまい、もうこれ以上胃に入らない、というほど食べ続けました。

そして、気づくとあたりの葡萄はほとんど食べ尽くしてしまいました。

ハッ!と我に帰った狐は
自分のお腹が葡萄でパンパンに膨れ上がっていて
葡萄畑の柵の間を通り抜けられなくなっていることに気がつきました。

「このままでは自分の巣穴に戻れない・・・」

この後、どうするべきか?
頭を巡らせた結果、狐には2つのオプション(選択肢)があることに気づきました。

オプションA
苦しい思いをして、今まで食べた葡萄を吐き出して、痩せて柵から抜ける

オプションB
畑の持ち主、猟師から身を守りながら、葡萄畑に隠れて、痩せるまで待つ

要するに

Aは苦労して手に入れたものを全て吐き出して、逃げる。

Bは苦労して手に入れたものを失わないために、危険を冒して粘る。

皆さんはどちらを選びますか?

この物語は、ここまでで、終わりです。
狐の選択の最後までは語られていないのです。
結末が気になりますよね。

このお話のポイントを解説していきます!

狐=自分達
葡萄=成果
柵=境界線(安全と危険)

Aを選んだ方は、猟師に見つかって命を失うよりはマシという考え方の持ち主かもしれません。

しかし、これではせっかく苦労して手に入れた物を全て失ってしまうので、あまり賢い選択肢とは言えません。

Bを選んだ方は、見つからなければ、無事生還、見つかってしまったら命の危機。
という状況です。
リスクはあるけど、成果を手に入れられる可能性もあるよね。
っていう感じの回答だと思います。

ユダヤ人の母親は、このお話をした後に、子供達に問いかけます。
AとBどちらを選ぶのか?
そして、AとBを選んだ理由を聞くそうです。
しかし、ユダヤ人の母親は、AとBの選択をした子供達に、決して「その通りね」と首を縦に振ることはないそうです。
結果、どちらを選択しても不正解ということですね。
意地悪な問題ですよね。
なぜなら、Aを選んだ場合、「全てを吐き出したら、今まで努力してきた甲斐がなくなる」
Bを選んだ場合、「柵の中に留まるには命の危険があり、リスクが大きすぎる」
ということなので、どちらの選択も十分に納得できる理由がない。

結論、オプションAもBも不正解となります。

どうすればいいの?
80点くらいの正解は、「満腹になるまで食べるな!」

意地悪な質問ですよね。
タルムードは生きる知恵を学ぶ書物なので、モヤモヤがあるかもしれませんが、ご理解ください!

今回のお話で分かることは、2つです!
1.強欲になるな!
2.食べることは否定していない!

優希の勇気の出る言葉

人生の選択肢
AとBどっち?
第3の選択肢Cがあることも
忘れないで
時として人生に大切なのは
違う角度の選択肢

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事